注意点と特徴|更年期障害の症状はこうやって改善する|病気に負けない身体

更年期障害の症状はこうやって改善する|病気に負けない身体

注意点と特徴

ドクター

糖尿病はなるべくかからないようにしたい病気です。現代の医学では糖尿病を完治させる方法がないので、発症すると一生付き合うことになってしまいます。糖尿病にもしもかかってしまったときに最も注意しなくてはいけないのが合併症です。この病気になると様々な病気を発症するリスクが高まります。もっとも、かかりやすいのが細い血管部分での合併症です。一つは糖尿病性網膜症です。網膜の細い血管が侵されてしまい、目がかすんでしまったり、視力が低下してしまったりします。さらに症状が進行すると最悪の場合、失明してしまいます。また、腎臓の働きも悪くなってしまいます。腎臓にも細い血管がたくさんあるのですが、この血管が侵されると腎臓の働きも悪くなり、腎臓病と似た症状を発症してしまいます。

糖尿病という病気は名前は知っているけど、どんな病気か具体的にわからないという人もいるのではないでしょうか。食べ物をとると、体内の血糖値が上がります。糖分は体内に必要なものですが、これが高いままだと体に様々な兵灰を引き起こすので、インスリンという物質によって上がりすぎた血糖値は下げられます。しかし、糖尿病になってしまうと、このインスリンの働きが低下してしまい、血糖値が下がらないままになってしまいます。これが糖尿病の発症するメカニズムです。糖尿病には大きく二つの種類があります。一つは先天的にインスリンを作る働きが弱いためにかかる1型糖尿病、もう一つは生活習慣の乱れから発症してしまう2型糖尿病です。